バイアグラやレビトラに続き、シアリスは2000年代に現れたED治療薬です。日本では2007年頃から使用され、2013年には全世界シェアが40%と「最も利用されている人気のED治療薬」となりました。即効性があるレビトラとは違い、シアリスはゆるやかに効果が現れ、勃起継続を手助けしてくれます。早めに性行為をされたい方はレビトラを、ゆっくり行いたい場合はシアリスと、自分のライフスタイルに合わせて服用されても良いでしょう。

レビトラと同じように勃起継続の効果が期待できるシアリスの主な成分は「タダラフィル」という成分です。タダラフィルはシアリス 通販ED治療薬以外の薬でも使用されることが多い成分であり、シアリスは持続時間の長さが最大の特徴です。バイアグラやレビトラのように即効性がある薬とは違い、遅効性なので、スローペースの性行為を好む方々に人気の高い薬でもあります。
また、シアリスは従来のED治療薬とは違い食事への影響が少なく、食事後の性行為が可能になったのも、シアリスの魅力のひとつと言えるでしょう。

シアリスの副作用は、他のED薬と同じ副作用が現れることが多く、顔のほとり、目の充血といった症状があります。しかし、遅効性のシアリスは体への影響も遅く、副作用の症状が現れにくいのも特徴のひとつです。しかし、現れにくいといっても注意が必要であり、頭痛や消化不良、鼻づまりなどの症状が起こることもあります。また結膜炎といった症状事例もあり、症状が現れた場合は服用を中止し、医療施設で処置を行うことをおすすめします。

人気の高い治療薬であるシアリスは、バイアグラやレビトラと同じように重度の肝機能障害の方、未成年の服用を禁止しています。また血管を拡張させる硝酸薬との服用は絶対禁止です。急激な血管の拡張は血圧を低下させる可能性が高く、威哥王体に悪影響を起こしてしまうことがあるためです。また、シリアスには硝酸薬以外にも、併用禁忌薬が多数存在します。シアリスを服用する前に薬剤師や医者に一緒に服用できるかどうか確認をとることをおすすめします。薬の情報に関する手帳を持参し、薬名を控えておきましょう。

レビトラやバイアグラといった即効性の高い薬とは違い、シアリスは遅効性であるため、性行為をする3時間前に飲むのがベストなタイミングと言われています。食事の影響はあまりありませんが、空腹時に服用することで、より効果が期待できます。食事をとる場合はグレープフルーツやアルコールは控えた方が良いでしょう。理由としては、グレープフルーツやアルコールに含まれる成分によって、シアリスの効果が薄くなるからです。





このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています